Pythonの勉強を始めました

パイソン1年生 Python入門
パイソン1年生

はじめまして!

思いっきり文系人間ですが、プログラミングができると、上手くいったら副業に役立つらしい、という噂を聞き、

「え?それなら俺もちょっとやってみよう!」

と思い立ち、遅まきながらプログラミングを勉強している「かかし」と申します(笑)

 

プログラミングといっても、いろいろな言語があって、どれを学んだら良いのか良くわからない、というのが初心者の最初の悩みポイントですが、とりあえず最近はやりのAIとか機械学習、統計分析とかに強いと言われているPython(パイソン)を勉強してみることにしました!

 

個人的には、プログラミングらしきことといえば、ExcelのVBAを少しかじった程度しか経験がないので、IFとかLOOPとか、なんとなくわかる、くらいのレベルからのスタートなので、個人的なメモも含めて、日々勉強したことを備忘録も兼ねて記録しておこうと思います。

Pythonとは

Pythonの特長として、

・汎用性が高い
・ライブラリが豊富
・コードがシンプル

といった特徴があります。

文系人間的には「汎用性が高い」とか、「コードがシンプル」(で、初心者向け!)とか、キラーワードが満載なのがPythonです(笑)

ただ、プログラミング初心者としては、コードがシンプルとか言われても、ゼロから勉強しなければならないのは変わらないですが。。。

 

ただ、Pythonは、Webアプリケーション開発や、データ解析やデータ分析、AI(人工知能)などなど、今流行している&これから流行しそうなところをおさえている言語なので、学んでおいて損はないだろう、ということで、Pythonを勉強することにしました。

あのYoutubeとかInstagramもPythonで作られているらしいので、究めればそういったWebサービスなんかも作れちゃうのがPythonなんですね~

Python一年生

新しいプログラミング言語を学ぼう!という時に、いきなり分厚いプログラミングの参考書を買ってきたら、99%最後までいかずに挫折するのは目に見えているので、まず最初は、かなりやさしい、できるだけ薄い本で最後まで一通りやってみる、というのが良いそうです。


このような話を会社の同僚から聞いたので、「Python1年年生」という、いかにもPython初心者向け、という感じの本を買いました。

この、ファンシーなかわいらしい絵柄の本です↓

文字を読まずに、絵だけ見たら絵本のような本で、中身もプログラミングのソースが書いてないページは、キャラクターの会話調の文書で文字数少なめ。

これぞまさに初心者向けの本です(笑)

 

ただ、薄い本ですが、一通りのことは触って、動かしてみて、ということが学べるので、よくできた本だと思います。

・Python環境のインストール
・変数とかの概念
・ライブラリってなに?からのライブラリの使い方
・人工知能のさわりの部分

などなど、初心者向けと言いつつ、手書き文字の判別をする人工知能のアプリケーションを作ってみるところまで、Pythonという言語をさらっと通して学ぶことができました。

 

ただ、本当にさらっと、書いてあるソースコードを見ながら手打ち、動いたらヤッター!みたいな感じなので、Python1年生を一冊通しで学んでみたところで、「これでPythonできるようになった」とはとてもじゃないけど言えない感じです。。。

しかも、書いてあるソースコード見ながら、完全に再現したつもりでも、どこかちょっと間違えてて、本に載ってないエラーメッセージが表示されたりとか、意外と悪戦苦闘しました(笑)

 

とりあえず、Python1年生を一通り通して学んだので、次の教材を探して、次のステップに進みたいと思います!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました